ぴぐノート

Good code is its own best documentation.

C/C++ Eclipse Neon 開発環境

Eclipse NeonとCDT/MinGWでC++開発環境を作成しよう!(2)

投稿日:

前回の記事でEclipseにCDTを追加インストールすることができました。
今回はMinGWとMSYSをインストールし、Eclipse上でC++プロジェクトを実行してみましょう。

この際に必要なダウンロードはMinGWのダウンロードだけでOKです。
MinGWのインストール時にMSYSのインストールも同時に行えます。

手順としては

  1. MinGW/MSYSのインストール
  2. MinGW/MSYSの環境変数設定
  3. プロジェクトのビルド → 実行

となります。

MinGW/MSYSをインストールしよう

コンパイラであるMinGWと、makeなどのコマンドを提供するMSYSをインストールします。
まずはMinGWのホームページからインストーラーをダウンロードするところからです。

  1. MinGW | Minimalist GNU for Windows
    上記HPにアクセスし、左側のナビゲーションメニューから
    [Downloads] – [Installer] – [mingw-get-setup.exe]と、順にクリックしインストーラーをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたインストーラーを起動し、[Install]ボタンを押下します。
    mingw_001
  3. MinGW セットアップツールのインストール先フォルダを指定します。
    [スタートメニューに追加するか]、[デスクトップにショートカットを作成するか]は適宜変更してください。
    mingw_002
  4. [Continue]ボタンを押下するとインストールが開始されます。
    mingw_003
  5. インストールが完了すると、[MinGW Installation Manager]が自動的に起動するので、
    以下のパッケージをクリックし、[Mark for Installation]をクリックし、チェックを付けて下さい。
    – mingw-developer-toolkit.
    – mingw32-base
    – mingw32-gcc-g++
    – msys-base
    mingw_004
  6. メニューバーより、[Installation] – [Apply Changes] – [Apply]とクリックしインストールします。

以上で、MinGW/MSYSのインストールは完了です。

MinGW/MSYSの環境変数設定

MinGW/MSYSのインストールが終われば、それぞれの環境変数を設定します。

  1. Windowsの[スタート]右クリック – [システム]をクリックします。
  2. コンピュータ名、ドメインおよびワークグループの設定にある、[設定の変更]をクリック
  3. [システムのプロパティ]ダイアログが表示されるので、[詳細設定]タブをクリック
  4. [環境変数]をクリック
  5. システムの環境設定に以下の4つを追加します。
    – [新規] – 変数名:MINGW_HOME、変数値:C:\MinGW
    – [新規] – 変数名:MSYS_HOME、変数値:C:\MinGW\msys\1.0
    * インストール先を変更している場合は適宜変更してください。
    – 変数[Path]を選択し、[編集] – [新規] – MINGW_HOME%\bin
    – 変数[Path]を選択し、[編集] – [新規] – MSYS%\bin
    入力が終われば[OK]ボタンを押下し、ダイアログを閉じてください。

以上で環境変数の設定は完了です。

Eclipseを起動して動作確認してみよう!

さて、Eclipse CDTもMinGW/MSYSも揃いました。
実行できるか確認してみましょう。

  1. Eclipseを起動する。
    * もしかすると以前の設定が残り、上手く実行できないかもしれません。
    * そのときは、ショートカットに[ -clean ]オプションを付与して起動してみてください。
  2. 前回と同様に[ファイル] – [新規] – [その他]、もしくは[Ctrl] + [N]でC++プロジェクトを作成します。
  3. [ C++プロジェクト ]ダイアログが表示されます。
    この時、[ツールチェーン] – [MinGW GCC]を選択し、[完了]ボタンをクリックします。
    cppcreate
  4. 作成したプロジェクトを選択し、
    メニューバーより、[プロジェクト] – [プロジェクトのビルド]をクリックします。
    すると、[コンソール]タブに以下のようなメッセージが表示されます。
    mingw_005
    [ Build Finished ]と表示されていれば成功です。
  5. [実行] – [実行] – [ローカル C/C++ アプリケーション]をクリックします。

コンソール画面に[ !!!Hello World!!! ]と表示されたでしょうか。

まとめ

紹介した方法で既存のEclipseにC/C++実行環境を作成することができました。

既存のEclipseが入っている状態でもEclipse C/C++パッケージをインストールすることもできるはずなのでどこかで躓いてしまったり、既存のEclipseの環境に変化を与えたくない場合などは検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-C/C++, Eclipse Neon, 開発環境
-,

執筆者:

関連記事

Eclipse NeonとCDT/MinGWでC++開発環境を作成しよう!(1)

MFCなどを利用する場合にはほぼVisualStudio一択ですが、簡単なコンソールアプリケーションを作る場合にはEclipseのほうが便利な場合も多いです。 特に「普段はJavaで開発を行っているけ …

Xcode_screen_shot

macの開発環境、Xcodeをインストールしよう

macでの開発環境にはXcodeの他にもEclipseなどもありますが、Objective-Cなどを使用してアプリ制作を行うためにはどうしてもXcodeを導入する必要があります。 また特に有名な日本語 …

【MFC】マルチスレッドでプログレスバーを実装しよう その2

昨日に続き、プログレスバーをマルチスレッドを用いて実装してみましょう。 作成の目的は、 スレッド実行中はモーダルダイアログを表示させること。 モーダルダイアログではプログレスバーを表示し進捗が分かるこ …

【OpenCV】OpenCVを使ってみよう!表示・回転・拡縮・二値化

前回インストールを行ったOpenCVライブラリを使ってサンプルプログラムをいくつか作成してみましょう。 OpenCVはすごく有名な画像処理ライブラリなのでインターネットで探せばサンプルプログラムはたく …

【MFC】フォルダー選択ダイアログの表示【Visual C++】

出力先の指定などフォルダー選択のダイアログを表示させたいことがあります。 フォルダー選択ダイアログを表示させるためには、SHBrowseForFolder関数を使います。 SHBrowseForFol …