ぴぐノート

Good code is its own best documentation.

Boost C/C++

【Boost】オープンソースライブラリBoostをインストールしよう

投稿日:

普段からC++でのプログラムを作成していてBoost(ブースト)を知らないという人はあまり多くないかもしれませんが、「実はまだ使ったことない…」という人もいるのではないでしょうか?
ライブラリと聞くと、環境ごとにビルドしてDLLファイルとかLIBファイルを作ったりしないといけないんじゃないの?と思うかもしれませんが、Boostは多くのコードがヘッダーファイルのインクルードだけで使用できるようになっています。

今回はこのBoostをインストールして、動かしてみましょう!

Boostライブラリを入手しよう

何はともあれBoostのライブラリを入手しましょう。

  1. Boost C++ Librariesにアクセス。
  2. メニューにある、「DOWNLOADS」から「Version 1.64.0」をクリック。
    過去のバージョンを使いたい場合は、「More Downloads…」→「version history」からダウンロードできます。
  3. リンク先にプラットフォーム別のダウンロードリンクがあるので希望の圧縮ファイルをクリックし、ダウンロードします。
    今回私は「boost_1_64_0.zip」を選択してダウンロードします。
  4. boost_1_64_0.zipを任意のフォルダーに展開します。
    コマンドプロンプトでの操作などもあるため指定がしやすいように今回はC:ドライブ直下に展開します。

Boostをビルドしてヘッダーファイル群を作成しよう

  1. コマンドプロンプトを起動してboostを展開したフォルダーに移動
  2. 次にビルド用の実行ファイルを作成するため、バッチファイルを実行します。
  3. 作成した実行ファイルをインストールフォルダを指定し実行します。

簡単なサンプルプログラムを作ってみよう

これでBoostを使用する準備は整いました。
Visual Studioを用いて簡単なサンプルプログラムを作って動かしてみましょう。

  1. Win32 コンソールアプリケーションを作成

    ・アプリケーションの種類は「コンソールアプリケーション」、
    ・追加のオプションに「空のプロジェクト」を選択します。
  2. main.cppファイルを追加します。
    .cppファイルが存在しない場合、プロパティ>C/C++が選択できないので先に作成しておきます。
  3. ソリューションエクスプローラーのプロジェクトを右クリック
    プロパティページを開き、C/C++ > 全般を選択
    「追加のインクルードディレクトリ」に先ほどインストール先に指定したフォルダーにあるinclude\boost-1_64フォルダーを追加します。
    * 上記フォルダーをコピーしてプロジェクト毎に管理するなど使用に合わせて設定して下さいネ。
  4. プログラムからBoostのバージョンを表示してみます。
    ここで結果は、
    となるはずです。

まとめ

特に難しいところなくサンプルプログラムを動作させることができたのではないでしょうか。
BoostはC++標準化委員会の委員により設立された経緯もあり、C++の準標準ライブラリと考えることもできそうです。

こんな関数を作ろうかなーと考えたとき、もしかしたらその関数はBoostに既に存在しているかもしれませんよ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Boost, C/C++

執筆者:

関連記事

C++のプリプロセッサの復習をしよう その1

C++を勉強していた時期から苦手だったのがプリプロセッサでした。 インクルートガードに#ifndefやら#defineやら#pragma onceやら…。 C++に限った話ではありませんが …

【OpenCV】OpenCVをビルドして画像処理をしてみよう!

今日はOpenCVを使って画像表示をしてみたいと思います。 ツールやアプリケーションを作る場合、多かれ少なかれ画像処理は必要になってくるのではないでしょうか。 また画像処理関係ではまると泥沼化する場合 …

C++のプリプロセッサの復習をしよう その2 【#defineの活用】

前回に引き続き、C++のプリプロセッサの復習です。 前回は#includeと#defineについて記事にしましたが、【まとめ】にも記載の通り、#defineと関連するプリプロセッサは多くあります。 今 …

【OpenCV】MFCのピクチャーコントロールに描画しよう!

前回、OpenCVを使って画像の回転や二値化などを行って動作確認をしました。 今回はMFCでダイアログベースのアプリケーションを作成し、ピクチャーコントロールにOpenCVで読み込んだ画像を表示させて …

【MFC】マルチスレッドでプログレスバーを実装しよう その2

昨日に続き、プログレスバーをマルチスレッドを用いて実装してみましょう。 作成の目的は、 スレッド実行中はモーダルダイアログを表示させること。 モーダルダイアログではプログレスバーを表示し進捗が分かるこ …